子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

アポクリン腺(大汗腺)からの汗がワキガの原因に

投稿日:

b28dad68df58bc278ae55156e78a6c2c_s

ワキガの原因とされる汗腺「アポクリン腺(大汗腺)」からの汗。どういうものなのか、なぜ臭うのかについて詳しく見ていきます。

 

アポクリン腺って?

アポクリン腺は、離出分泌腺(りしゅつぶんぴつせん)とも呼ばれ、ワキの下や陰部、耳の中、肛門、乳輪などの限られた部分に存在しています。

人間は、全身にエクリン腺の汗腺があり、体温調節の役割を担っていて、アポクリン腺の汗腺は皮膚の限られた場所に集中して分布しています。そこから、人間のアポクリン汗腺をエクリン汗腺から区別して、大汗腺と呼ばれたりもします。

皮脂やタンパク質などを多く含む乳白色の分泌物が、常在細菌の作用で分解されてニオイを発して、フェロモンとして機能してきたとされています。

汗の成分は原因によっても違ってきますが、苦痛などのストレスを受けた時に分泌される「脂汗」は、この汗が多く含まれていて、粘度も高くなっています。

 

アポクリン腺からの汗がワキガの原因

エクリン腺から出る汗は、99%が水で少量の塩化物や尿素なども含まれていますが、ほとんどが水なので汗自体にニオイはありません。

アポクリン腺から分泌される汗には、脂肪や鉄分、アンモニアなどが含まれます。これらの物質が皮膚の表面の常駐細菌によって分解されることで、ニオイを発生し、ワキガの原因となります。

実は、アポクリン腺から出る汗も、出てきたときは無臭なんだそうです。でも、細菌がすぐに汗をエサにして繁殖し、ニオイが発生してしまいます。

アポクリン腺は誰にでもあるものなのですが、ワキガ体質の人は、数が多い上に、ひとつひとつのサイズが大きいので、アポクリン腺から分泌される汗の量も多く、ニオイも強くなります。

アポクリン腺は、遺伝によって決まるとされているので、ワキガは遺伝するといわれます。

関連記事:子どもがワキガになってしまう根本的原因は「遺伝」

アポクリン腺の数は、生まれた時点で決まっている物で、新たにできてくるということはありません。親がワキガ体質だという場合は、子どもも生まれたときからアポクリン腺の数が多い可能性がたかいということです。

アポクリン腺の活動は、第二次性徴(大人の身体に成長する時期・9〜13歳ごろ)のころに成長が活発になります。ワキガが発生してしまうのは、思春期以降といえます。

 

現段階では、アポクリン腺自体を除去・減らすには、手術するしかありません。ワキガを解消しようとすると、アポクリン腺からの汗を減らす、食生活を改善し汗の質を変える、原因となる細菌の数を減らすなどの対策が上げられます。

 

-ワキガについて

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.