子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

本人には伝えるべき?中学生・高校生のワキガ対策で気を付けたいポイント

更新日:

4bdc907d0521f0e96dc978d674260438_s

我が子がワキガだと判明した場合、本人には伝えてあげるべきなんでしょうか。中学生や高校生(早い子どもの場合は小学生も)のワキガ対策で気を付けたいポイントについて見ていきます。

 

中学生や高校生、早い子どもなら小学生からワキガ臭が

思春期の子どもがワキガであると気付いた時。だいたいは、自分がワキガに悩まされた経験がある人や、パートナーがワキガ体質である夫婦の、特にお母さんが気にしていて、中学生くらいでやっと判明するというケースが多いと思います。

関連記事:子どもがワキガになってしまう根本的原因は「遺伝」

早い子どもなら、小学生でもワキガ臭がしだすという子も多くなっているようです。肉体的な成長が早くなっていて、ワキガ臭をはじめとした体臭の発生は低年齢化していると言われています。

息子さんの場合でもそうですが、特に娘さんの場合は、イジメやオシャレなどについて気になってしまうものです…。

ワキガの特有のニオイの原因は、当サイトでも何度も触れてきましたが、「アポクリン腺」から分泌される汗にあります。

ワキの下や耳の中、バストトップ、陰部やおへそなどに集中しているこの汗腺からの汗が皮脂腺から分泌される皮脂と混ざって、雑菌や細菌の繁殖を促進して、ワキガ臭を引き起こします。

第二次成長期にアポクリン腺が一気に増加し、その活動も活発化するので、ワキガ臭が発生するのは、中学生や高校生のいわゆる「思春期」の時期とされてきましたが、アポクリン腺の活性化する時期も低年齢化していて、小学生高学年くらいからでもワキガ臭が発生するという子も珍しくなくなっているようです。

 

思春期の子どものワキガ対策のポイント

ワキガがきっかけとなって、いじめが発生してしまうという事案はとてもたくさんあって、親子で一緒に体臭の悩みに取り組んでいるという家族も多くあります。ワキガの悩みを解消するためには、お母さん・お父さんがしっかり治療法や対策について理解し取り組んであげる必要があると思います。

子どものワキガ対策をする場合は、「身体面」に加えて「精神面」の、体と心の両方の負担を取り除いてあげることが大切になります。

当然のことながら、子どもは「ワキガ」を恥ずかしく感じてしまうので、自分のニオイに気付いている子でも、友達や先生、親にだってうまく打ち明けることはできずに、1人で抱え込んで追いつめられてしまう場合が多くなります。

やはり、ワキガのことだけではありませんが、子どもの話をしっかりと聞いて、しっかり理解してあげて、普段から悩みや不安を親にも話しやすい環境を作ってあげることを心がけましょう。

思春期の子どもなりの考え方があって、その環境で日々生活を送っています。親の考え方を押し付けて終わりにしてしまわないように、どう悩んでいて、どうしようと思っているのか、お子さんに合わせてあげて、一緒に考えてあげましょう。

 

身体的なわきがケアの方法

身体的には、まずは簡単なものから対策していくのもひとつです。安価なデオドラントや制汗剤、わき汗パッド、ミョウバン水などを利用して、ニオイ対策をしてみましょう。

思春期の子どもは、「ワキガの対策」というものは、大人が考える以上に嫌なものです。薬局などで販売されている安価なデオドラント剤など、友達も使っている様なものから始めてあげるのがいいかと思います。友達に「ワキガ対策」だと気付かれて指摘されたりするのは、イヤなものですし、イジメの原因になってしまいかねません。

それでも、ワキガのニオイを抑えることはできていないな、と感じた場合は、根本的な対策を行っていきましょう。ここで、本格的なワキガ対策クリーム・デオドラント剤の出番となります。

近年は、口コミでも効果があるといわれているものも多数出てきています。朝と晩、家の中でだけ塗れば、一日中効果が持続してくれるというものもあります。

子どもにも安心して使えるものを選んであげるようにしましょう。子どものワキガ対策というものは、おおっぴらにはなりませんが、悩んでいる親子が多くいますので、それに対して各企業も安心して使えるかどうかをしっかり研究して開発されているものが多く販売されています。

 

おすすめワキガデオドラント一覧比較
 

 

手術で根本的な「ニオイの元」を取り除いてしまおうと考えた場合、第二次性徴をむかえていない子どもの場合では、再発してしまう可能性も高くなってしまいます。

手術を検討する場合は、子どもの意思を尊重してあげるのはもちろん大切ですが、親として、冷静にリスクや危険性などについて、しっかりと判断してあげるようにしましょう。

子どものワキガ手術は何歳ぐらいからできるものなの!?

 

-子どものワキガ対策

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.