子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

ワキガのニオイは自分では自覚しづらい

投稿日:

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s

ワキガは自覚しづらいものと言われます。子どもでも、自分ではワキガだと気付きにくく、周りから指摘されたり、影で噂されたりするのはつらいものです。

自分の体臭や口臭などは、「慣れてしまってニオイが分からなくなってしまっている」というのが原因と言われますが、そこにはどんな原因があるんでしょうか。

 

自分のニオイに気付けないのはなぜ?

子どものころ、友達の家に遊びに行くと、その家独特の香り・ニオイ、生活臭があったりしたものです。本人に確かめても自分では意識していないことがほとんど。人間は自分のニオイには気付かず、特に意識もしていないということが分かります。

このように、「自分にはほとんど体臭が無い」と思っている人でも、独自のニオイというのはあるもの。ワキガのニオイや口臭にしても、周りの他人からすると「さすがに自分で気付かないというレベルのニオイじゃないだろう…」と思っていても、本人からすると、自分のニオイはほとんど認識できていない、気付いていないという人も多いそうです。

人間の嗅覚というものは、ニオイに対してすぐに慣れてしまうもの。自分の体臭は常に嗅いでいるということになるので、24時間365日いつも臭っている、とっても身近なもので、どんなニオイよりも鼻が慣れてしまっているのです。

ワキガ臭は、突然発生するものではなく、徐々に悪化していきますが、鼻も少しずつニオイに慣れていってしまうので、そのニオイに対して気にならなくなってしまっているのです。それでも、赤の他人の場合には、強烈なニオイとなってしまっているのです。

ひどい場合には、嗅覚の減退・嗅覚脱失なんていう言葉で呼ばれるそうです。

 

自分のニオイをチェックする方法

自分のニオイは認識しづらいものですが、それを自覚するためにはどうすればいいんでしょうか。いくつか方法を見ていきます。

入浴後の衣服のニオイを確認する

お風呂に入った後は、身体のニオイがとれている状態。より自然にニオイを感じられるので、入浴前に抜いだ衣服のニオイを感じてみましょう。

枕のニオイを嗅ぐ

頭部は皮脂の分泌量が多く、イヤな臭いを発生させやすい場所。臭いは寝ている間に枕にしみこむので、枕の臭いをかいでみましょう。

 

▼ ワキガをセルフチェックする方法はこちらの記事で

自分でワキガをセルフチェックする5つのポイント

 

-ワキガについて

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.