子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

衣服のワキの黄ばみの原因と落とし方|子どものワキガ対策

投稿日:

67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

白いシャツやブラウスの場合、脇の部分が黄ばんでしまうとかなり目立ってしまい、「もう着るのはイヤ」「白い服は買えない」なんていうことになってしまうとこともあります。思春期の子どもの場合だと、制服や体操服などが白いものの場合もあるので、避けることができない問題になってきます。

衣類のワキの部分の黄ばみやシミについて原因や対策を見ていきます。

 

衣類のワキの部分が黄ばんでしまう原因

ワキガの原因になる「アポクリン腺」から分泌される汗には、脂質やタンパク質、ミネラルやステロイドなどの成分が豊富に含まれています。その中には、「リポフスチン」という色素成分が含まれていて、このリプフスチンが衣服の黄ばみを生む原因となってしまいます。

リポフスチンによる衣服の変色の仕方には個人差があって、人種によっても色には違いがあって、白人や黒人の人は、黒系統が多く、日本人の場合は、薄い黄色から赤褐色になる傾向があって、濃さは、汗に含まれるリポフスチンの量によって変わってきます。

 

ついてしまったワキの黄ばみの落とし方

ワキガによる黄ばみは、襟や袖によく見られる黄ばみとは異なるものです。襟などの黄ばみは「皮脂汚れ」によるものなので、「酸素系漂白剤」などで落とすことができますが、脇の黄ばみは、リポフスチンという「色素」によるものなので、漂白剤では、なかなかキレイに落とせないという場合が多いのです。

重曹と酸素系漂白剤の合わせ技で

脇の黄ばみ落としに活用したいのが、「重曹」です。

重曹は、正式には「炭酸水素ナトリウム」という、パンやお菓子のふくらし粉、口腔内の洗浄、胃薬などにも使われる、アルカリ性の粉末状の物質。漂白効果も持っていて、リポフスチンによる黄ばみにも対応できます

具体的な方法は、重曹に少量の水を加えて、ペースト状にしてわき部分をこすり洗い。

または、500mlのペットボトルなどに水をいれて、大さじ1杯の重曹をいれて振って溶かします。それを洗面器などに入れて、衣服の黄ばみ部分を一晩つけておき、その後に普通に洗濯をします。

さらに、重曹だけでは落としきれなかった場合には、「重曹と酸素系漂白剤の合わせ技」で対処します。

重曹と酸素系漂白剤を「1:1の割合」で混ぜたものを、黄ばみ部分に塗ります。

その後、しばらく放置するだけでも効果がありますが、その部分に、スチームアイロンのスチームやドライヤーを利用して、「50℃ぐらい」の温度に温めることで、漂白剤の働きを活性化することができます。その後に、洗濯機で洗濯すればOKです。

漂白力はとても強いので、色ものの場合は、脱色してしまう恐れがあります。また、塩素系ではなく、酵素系漂白剤を使うようにしましょう。

消臭や殺菌効果も高いので、是非試してみて下さい。

 

-子どものワキガ対策

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.