子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

病院やクリニックでは、手術しない・切らない治療法もあります

更新日:

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

ワキガだと判明してしまったからといって、即手術しなければいけないというものでもなく、ワキガの治療法には色々な種類があります。

アポクリン腺を取り除いて、ニオイの原因を無くしてしまうことが一番確実だとは言え、症状にも軽いものから、重いものもあるので、見合った治療を選択する事ができます。

症状が軽い場合、飲み薬や塗り薬も

ワキガの症状が比較的軽い場合、塗る薬や内服薬での治療もあります。

塗るものとして、「塩化アルミニウム液(オドレミン)」。内服薬として「臭化プロバンテリン(プロバンサイン)」や、自律神経に働きかける飲み薬などがあります。

手術の必要は無い中度の症状

ボツリヌス菌の毒をワキの下に注射し、汗の量を減らす「ボトックス注射」や、ワキの毛穴に電流を流してアポクリン腺を破壊する「電気凝固法」などが行われます。

関連記事:ボトックス(ボツリヌストキシン)注射は効果は永久ではないものの、子どもにも安心のわきが治療法

 

中度〜重度の場合、ニオイの元を断つ

重度のワキガの場合、直視下手術法や非直視下手術法といわれる外科手術によって、ニオイのもとを断つ処置が行われます。

直視下手術法は、お医者さんが直接目で見ながら手術するもので、ワキの下を切開して裏返し、アポクリン腺を目視しながら取り除いていく「剪除法(せんじょほう)」があります。

非直視下手術法は、術後の傷跡を考慮した治療法で、脂肪吸引のように、ワキの下に穴をあけて、管を通してアポクリン腺やエクリン腺などを吸い取る「皮下組織吸引法」、超音波を使って熱によって汗腺を破壊する「超音波吸引法」、ワキの下を少し切開し、ローラーとカミソリの刃を組み合わせたような器具で皮下組織を削る「皮下組織削除法」などがあります。

関連記事:切って治療するという選択 - ワキガ手術の種類と費用

 

手術を受ける前に

手術となると、費用はどうしても安いものではなく、身体への負担も無いわけではありません。わきが手術は失敗する可能性もあるということも頭に入れておくべきです。

ワキガの手術には様々で、費用や方法も病院やクリニックによって違います。また、お医者さんの経験もとても大切なことなので、信頼できるお医者さんかどうかをしっかり見極めるため、しっかりとカウンセリングをうけるようにしましょう。術後のサポートもしっかりしているかどうかも調べておきましょう。

うちは安いですよ!とか、最新の技術で!なんていうばかりを押してくる病院はNGです。(今の時代、なかなか無いと思いますが…)

特に子どもにワキガ手術を考えている人は、しっかり本人とも話し合う必要もありますし、再発や傷跡という問題もあって、簡単に決められる事ではありませんよね。

子どものワキガ治療を数多く経験している病院もあったりするので、しっかり選んでカウンセリングを受けて、お子さんと、信頼できるお医者さんと三位一体で一緒に取り組む必要があります。

 

▼ 切らない治療法として注目されているワキガ治療についての記事

ミラドライの効果や痛み、副作用は?

ウルセラドライを受けるなら、川崎中央クリニック(神奈川県)

ビューホットの仕組みや効果 子どもにも安心の切らないワキガ治療

-子どものワキガ手術や治療法

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.