子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

古くからワキガ対策に使われてきたミョウバン水。その効果と作り方

更新日:

d2c324b605fdbb52962c13b7ab84c7f5_s

古代ローマ時代から制汗剤として使われていたと言う、「最古のデオドラント」ミョウバン。

とっても手軽に体臭予防・ワキガ対策ができるものとして昔から知られています。

 

ミョウバンってそもそも何!?

ナス漬けを作る時につかう、白っぽい結晶がミョウバンです。色素であるアントシアニンの色を安定化させて、紫色を保つ働きがあって使われます。

ウニの加工時の型崩れ防止・保存のための添加物としても使われたり、アクを抜くのに使われたりします。スーパーや薬局でも安くで購入することができます。

ミョウバンは、塩のようですが、カリウムや鉄、アルミニウムなどの金属イオンが結合した「複塩」とよばれるものです。販売されているのは、合成させて作られた物ですが、自然界にも存在しています。

最近では、テレビでも取り上げられたりして、市販のデオドラント剤より安くで作れて効果もあるとして、注目されています

ミョウバンがなぜ消臭効果をもっているの?

ミョウバンは、肌のトラブルをケアするコスメにも活用されていたり、収れん作用ももっていて、汗を抑える制汗作用もあるといわれています。

ニオイの元となる細菌は「アルカリ性」の環境を好みます。ミョウバンは水にとけることで「酸性」となるので、その性質を利用して、体臭・ワキガ対策に使用されます。

さらに、優れた消臭効果ももっていていて、ワキの下だけじゃなく、足のニオイや、犬のニオイなどにも、ニオイそのものを消すという素晴らしい力を発揮してくれます。

ニオイの原因となる汗、細菌を抑えながら、ニオイ自体にも直接アプローチしてくれるなんてすごいですね。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバンは、そのままワキの下に塗ることでも効果を発揮しますが、水に溶かして使うのが合理的。スプレー容器に入れておけば、家でも外でも簡易制汗剤として使えます。

ミョウバン水の作り方を見ていきます。

<材料>

・ミョウバン(焼きミョウバン)50g
スーパーや薬局で売っています。

・水道水 1500ml

・ペットボトル

・スプレーボトル容器

これだけ。かなり安くで簡単に作れます。

空きペットボトルに、ミョウバンと水道水を入れて、軽く振ります。そのまま一晩置けば、ミョウバン水の出来上がりです。

つくったミョウバン水を、少し薄めても、そのままでも、スプレーボトルに入れて使用します。

割合は同じままで、少量にして作ってもOK。(ミョウバン10gに、水300mlとか。)

使い方も簡単、お風呂上がりにワキや気になる部分にスプレー

お肌が敏感で心配な人は、初めて使用するときは、腕の内側などでパッチテストを行なうようにしましょう。かぶれたり、赤くなったりする場合は、作ったミョウバン水を薄めるなどしてみましょう。

さらに消臭効果がほしいときには、水じゃなく「緑茶」で作っても。カテキンとの相乗効果が狙えます。

レモン汁を加えると、殺菌作用も強くなって、効果が長続きするそう。

また、ミント等のエッセンシャルオイルを足しても、香りがニオイを隠してくれます。

 

-ワキガに有効な成分

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.