子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

日本人はワキガに敏感?外国人とは昔からの食生活が違うのがポイント?

更新日:

646598b08a516e755aea8abd7185c209_s

日本人のワキガに対する意識はかなりのもの、でも外国人は結構「ニオイ」をさせながら生活しているように感じます。

そこには、そもそも日本人と外国人での、ニオイに対する意識が違うということがあるようです。

昔からの食生活が関係しているようですが、子どものワキガが心配な場合は、どんなことに気をつける必要があるんでしょうか。

 

日本人は清潔好きな人種でニオイにも敏感

私たち日本人は、毎日お風呂にも入りますが、他国では平均1週間に1回なんていう国もあります。

日本人は、世界の中でも、かなり清潔が好きな国だといえます。

欧米では、自分の体臭と香水を組み合わせて魅力を演出しているそうです。(もちろんシャワーで体をキレイにはしますが…。)ワキガがフェロモンだったという話からすると、当然のことのようにも感じられます。

日本人とすれば、キツい体臭はイヤに感じる人がほとんど、「ニオイ」自体が嫌いな国としても有名なんだとか。

 

日本人と外国人でのワキガに対する意識の違い

日本と欧米では、そもそも「ニオイ」に対しての考え方が全然違って、それがワキガに対する意識にもあらわれているようです。

日本ではワキガ手術というと、ニオイそのものを無くしてしまう「アポクリン腺摘出手術」が主ですが、欧米では、ワキガのニオイを無くすのではなく、「少なくする・軽減する手術」が一般的なんだとか。

この辺りも、そもそも日本人と外国人ではニオイの扱い方が違うんだと感じさせられます。

 

ワキガ体質の人の割合もかなり違う

日本では、「10人中1人(約10%)」がワキガ体質の人だといわれています。

それに対して、欧米では、70〜80%の人はワキガ体質だとされていて、高い割合で、ほとんどの人がワキガだといってしまってもいい状態。

これには、食生活に関係がしているのでは?といわれています。

 

ワキガ体質が増える食文化

欧米でよく摂られている、肉類などの「高カロリー&高脂肪」である食物には、皮脂腺やアポクリン腺を活発にするという作用があるそうで、日本人が古来からとってきた食生活である、穀物や野菜、魚にはビタミンやポリフェノール、β-カロテンなどのワキガ体質の改善に対して有効だとされる栄養素が豊富

このあたりが、日本人と欧米人のワキガ体質の割合の違いに出てくるんだとか。

でも、よく言われる「食の欧米化」。現代人は、野菜や魚中心だった食生活から、肉やファーストフードが中心のものに変化していっていると言われますよね。

これが原因となって、体質も欧米人に似たものになって、ワキガ体質も強まってしまっているそうです。増えているわけではなく、強まっています。

アポクリン腺の数は、生まれた時点で決まっているものなので、欧米化した食生活で、アポクリン腺が活発に作用してしまうことはあっても、「アポクリン腺が新しくできてくる」ということはなくて、「ワキガ体質の人が増えている」ということではなく、「ワキガ体質が強まっている」ということ。

ワキガ体質が心配されるお子さんの場合は、食生活に気をつけてあげ、食卓に肉類が並ぶ時には、野菜も一緒にしっかり食べさせてあげることで、栄養バランスしっかり心がけてあげることが大切になってきます。

体臭抑制には、リンゴ等のバラ科の果物を摂取するのもいいと言われています。

 

金銭的な問題もあって、子どもが自分では選ぶことができない、ワキガ対策デオドラント・クリームも選んであげるようにしましょう。

 

おすすめワキガデオドラント一覧比較
 

-ワキガについて

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.