子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

子どものワキガ手術は「クワドラカット法」が安心なのか

更新日:

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

傷口が小さくて再発が少なく完成度も高い手術とされている「クワドラカット法」。子どもにも負担が少ないと聞きます。どんな手術法なのでしょうか。

 

クワドラカット法

クワドラカット法は、過去の手術方法の欠点を解決するために、大学病院と共同で開発された最新のワキガ・多汗症の手術方法。傷口が小さく、剪除法のような大きな固定の必要も無くて、衣類もすぐに着用可能。

吸引管の先に刃がついていて、汗腺を削り取りながら吸引していくそうです。汗腺の取り残しは少なく済むようです。

傷は5mm程度の切開で済んで、入院の必要も無く日帰りも可能。術後3ヶ月ほどで手術痕はほぼ目立たなくなるそうです。

当然、局部麻酔をして、両ワキで1時間程度で終了するそう。3〜4日でガーゼを交換、1週間後には抜糸をし、ガーゼが取れるそう。大きなガーゼの必要も無く、不自由さもあまりないそうで、日常生活にあまり支障をきたさないというのは嬉しい点ですね。

この頃は内出血があるので、見た目には色は目立つようですが、2週間ほどで消えるんだとか。2週間後には、運動もOKになるそう。

子どもの場合、12〜13歳ごろから手術が受けられるそうです。保険適用はされないので、費用は高額となります。

関連記事:切って治療するという選択 - ワキガ手術の種類と費用

 

お医者さんはしっかり選ぶ

クワドラカット法は新しい手術方法で、まだ取り入れている病院・クリニックは少ないと思われます。

また、新しい手術法ということで、お医者さんやクリニックはカウンセリングをしっかり受けて、信頼できると感じたところにお願いするようにしましょう。

 

▼ 切らない治療法として注目されているワキガ治療についての記事

ミラドライの効果や痛み、副作用は?

ウルセラドライを受けるなら、川崎中央クリニック(神奈川県)

 

-子どものワキガ手術や治療法

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.