子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

多汗症だからワキガとは限らない?違いは?

投稿日:

676ce62747ad38db5b20444882fc1178_s

ワキの汗が関係してくるもうひとつの症状「多汗症」。ワキガと多汗症は混同されがちですが違うもので、「多汗症」の人が「ワキガ体質」というわけではありません。

ここでは、多汗症について見ていきます。

 

多汗症とは

多汗症は、体温の調節に必要となる正常な範囲を超えて、発汗が以上に増加する症状。手のひらや足の裏、ワキの下、頭部などに日常生活において支障をきたすほどの汗が分泌されてしまう症状です。

緊張したときや、ストレス・不安などを感じた時に手の平に汗をかくことは、正常な人でもよくあることですが、多汗症となると、出る汗の量が全然違ってきます。

少し湿っている状態から、滴り落ちるぐらいと症状の大きさもさまざまですが、ヒドい場合だと、手を動かしただけで汗が飛び散ってしまったり、ノートや書類が濡れてしまったり、深刻な悩みを持っている人も多くいます。

多汗症の種類

多汗症には、全身的に多量の汗をかく「全身性多汗症」と、身体の特定の部分に大量の汗をかく「局所性多汗症」があります。先天性のものと後天性の物でも分類されます。

局所性多汗症には、手のひらに起こる「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」、足の裏に起こる「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」、子どもの頃(幼少期や思春期)に発症する場合が多いとされています。手のひらの場合は、パソコンのキーボードやマウス、スマホが汗で濡れてしまい壊れてしまう、足の裏の場合、汗で滑ってサンダルが履けない、歩いたあとに、汗の足跡ができるなんていう人もいるそうです。

わきで起こる多汗症は「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」と呼ばれ、手術や薬で治療する場合もあります。ワキの下には、アポクリン腺から出るワキガのもととなる汗もありますが、腋窩多汗症は、ニオイを症状とするワキガとは違うものです。

 

多汗症はワキガと直接関係はない

多汗症は、体温の上昇とは関係なく、「エクリン腺」から汗が過剰に放出される疾患です。

エクリン腺は、ほぼ全身に存在していて、体温調節などの役目があって、この腺から出る汗の成分は、水分が99%、塩分が1%でできていて、ニオイは無くサラサラ。

関連記事:エクリン腺からかく汗はワキガのニオイじゃない!汗臭さの仕組み

わきがの原因は、アポクリン腺から出る、粘質性のあるニオイの原因の細菌の栄養が豊富に含まれている汗です。

関連記事:アポクリン腺(大汗腺)からの汗がワキガの原因に

そのため、多汗症はワキガとは違った物です。多汗症がワキガを引き起こすというわけでもないですし、多汗症でもワキガ体質じゃないという人も多くいます

わきがと多汗症の両方の症状がある人は、エクリン腺から分泌される大量の汗がアポクリン腺からの汗を広範囲に広めてしまうため、わきが臭がより強くなる傾向があると言われます。

わきがと多汗症は、原因が「汗」にあるという共通点がありますが、それぞれの特徴や症状がでるメカニズムは大きく異なります。

とはいえ、エクリン腺からの汗も、細菌によって分解されるときに、汗臭いニオイは起こります。

ワキガ対策デオドラントクリームの中には、原因菌を殺菌する成分や制汗成分も豊富に含まれている物が多くあります。

 

-ワキガについて

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2020 AllRights Reserved.