子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

判別しづらい「ワキガ臭」と「汗臭さ」の違いとは?

投稿日:

cbb46bdff92d2790834843581a1f9e1b_s

自分が体臭を放っていると気付いたとしても、または、脇が臭い時があると感じるときがあっても、それがワキガによるニオイなのか、それとも単に汗臭さなのか、というのは判断できずに、気にしてしまうということは、多くの人が経験した事があると思います。

では、汗臭さとワキガ臭の違いとはどんなものなのでしょうか。

 

ワキガ・汗臭さの原因は「汗」

ワキガのニオイも汗臭さ、ニオイの元となる汗の種類や、ニオイの度合いが異なる物の、どちらも原因は「汗」にあります。

ワキガ臭の原因となる汗は、「アポクリン腺」という、ワキやバストトップ、陰部や背中などに集中して分布している汗腺から分泌され、乳白色をしていて、脂質やタンパク質を多く含んでいるという特徴があります。

関連記事:アポクリン腺(大汗腺)からの汗がワキガの原因に

ワキガ特有のツンと臭うニオイは、このアポクリン腺から分泌された汗が、皮膚や体毛に存在する雑菌や常駐菌が繁殖するときに分解される事で発生しています。

また、一般的に気温が高い時や、運動などで体温が上がった時にかく汗は、「エクリン腺」という全身に分布する汗腺から分泌され無色透明、99%以上が水分で、少量の塩分を含んでいます。

関連記事:エクリン腺からかく汗はワキガのニオイじゃない!汗臭さの仕組み

このエクリン汗腺から出る汗を放置する事で発生する、肌が湿った時に出る体臭や衣服のニオイを「汗臭さ」と呼びます。

エクリン腺からの汗は、アポクリン腺から出る汗ほど雑菌の繁殖に必要な栄養素が豊富ではなく、発生するニオイは弱いということになります。

2つの汗から起こる「臭さ」の違いは?

ワキガの場合は、アポクリン腺からの汗には、脂質やタンパク質・ミネラルが豊富で、それが要因となって雑菌の繁殖を促し・成分を分解するのに伴ってとても強いニオイを発生させます。

さらに、汗が付着した衣類や下着などにまでニオイは染み込んでしまうので、本人だけじゃなく、脱いだ衣服や身につけていた小物、衣服をしまっておくタンスなどにまで、ニオイの発生源となってしまう可能性もでてきます。

ワキガ臭はニオイが強いだけではなく、しみこみやすく落ちにくいという特徴があるのです…。

関連記事:衣服にワキガの「ニオイ」がうつってしまうこともある

汗臭さの場合は、99%が水でできている、エクリン腺からの汗によるものなので、この汗自体がニオイの原因になるということはなく、ニオイの元は、汗と一緒に流れ出る角質や皮質なんだそう。

これらが、細菌や雑菌に分解されるときに、ムワっとした汗臭さが生まれます。

衣類が汗を吸収し、洗剤のニオイや布素材独特のニオイ、衣類にたまっていた体臭を発散させてしまうということも考えられます。

ワキガと比較するとニオイの強さは弱いので、制汗剤を使ったり、汗拭きシートなどを利用するなど、比較的簡単なケアでもニオイを軽減させることはできます。

ワキガと、汗臭さ。2つの汗から起こる「臭さ」ですが、大きな違いはこのように「ニオイの強さ」にあります。

それぞれニオイの原因や特徴は理解できても、自分や子どもが発生させるニオイが、ワキガ臭か汗臭さか、どちらかを判別するのは難しいものです。不安な場合は、セルフチェックをして判別してみましょう。

>> こどものワキガをセルフチェックする5つのポイント

 

-ワキガについて

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.