子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい!

こどものわきが(腋臭)は遺伝してしまうことが多く、心配になってしまうもの。その原因は「アポクリン腺」という汗腺。しっかり知って対処すれば改善できます。おすすめわきが対策クリームも。

ワキガ対策にいい衣服の素材や服装について

投稿日:

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

「ワキガのニオイ」というものは、脇の下の肌がニオイを放っているという風にイメージしてしまいがちですが、実はわき自体のニオイだけではないんです。脇から出た汗を吸い込んでいる衣服にも雑菌は繁殖するので、その服自体がニオイの発生源となっている場合もあるんです。

特にワキガの人は、ポリエステルなど、特定の素材の服を着ている時にニオイがキツくなると感じている人も多いようです。

そこで、ワキガ対策として気を付けたい衣服の素材について見ていきたいと思います。

 

なぜ服からワキガ臭がするの?

ワキガのニオイは、何度も書いていますが「アポクリン腺」という汗腺から分泌される汗が、肌や体毛の常駐菌や細菌によって分解されて発生しています。

関連記事:アポクリン腺(大汗腺)からの汗がワキガの原因に

肌の表面がニオイの発生源と考えてしまいがちですが、わきから出た汗は衣服が吸い込んでいるので、そこに菌が繁殖して、その服自体がニオイを発生させてしまっているということも多いんです。

 

素材を意識しながら衣服を選ぶようにする

ワキガを軽減させるためには、汗をかいても蒸れにくくするということが重要になってきます。

高温多湿な環境にしてしまうと、雑菌を繁殖しやすい環境を作って上げてしまっていることになるので、ポリエステルなどのような、通気性・吸水性が優れない素材の服は、特にワキガのニオイを発生させやすいものとなります。

ワキガ対策を服装面から行おうと思った場合、風通しはよく、肌に密着しないものを選んで、素材としては「速乾性」「吸湿性」「通気性」のいいものを選ぶようにしましょう。

ワキガ対策に効果的な素材

主に天然素材のものがワキガ対策に効果的な衣服の素材といえます。

吸湿性や通気性に優れている「綿」、吸湿性、通気性、速乾性に優れ清涼感があり、素材として丈夫な「麻」、通気性と放湿性が高い「絹」、吸湿性と保湿性に優れ、織り方によっては通気性も期待できる「羊毛」などが代表的です。

ワキガの人が避けるべき素材

主に化学繊維の衣服は、ワキガのニオイを悪化させてしまう素材とされています。

通気性、吸水性が低く、汗を留めやすい「ポリエステル」、吸水性が低い「ポリエチレン」、通気性が悪く、汗をわきに溜めてしまいやすい「ナイロン」、速乾性はあるが、吸湿性が低い「アクリル」などは避けるようにしましょう。

 

ワキガ対策のために服装から見直す

ワキガのニオイを緩和させようと思ったら、通気性を重要視した服装が大切です。とはいえ、ノースリーブやタンクトップ等、わきを完全に外に出してしまうものでは、ニオイはそのまま外にもれてしまいやすくなります。

ワキガ対策としておすすめの服装は、全身を包みながらも肌にぴったりとは密着しない、ゆったりとしたサイズのものになります。

 

-子どものワキガ対策

Copyright© 子どものワキガ対策クリームで臭いニオイどうにかしてあげたい! , 2019 AllRights Reserved.